明日にでもフィールドに飛び出したくなるアウトドア動画まとめ(1)

このコーナーでは、ここ最近で公開されたびっくりするほど素晴らしいネイチャー動画・アウトドア動画を紹介していこうと思います。なるべく英語が分らなくても楽しめる動画をピックアップしてみましたので、どなたでも、しばし、ゆっくりしていってくださいね!

Crib Goch a dog and a quad

クリブ・ゴッホは、ウェールズのスノードニア国立公園にあるアレート(やせ尾根:主として氷河の浸食による鋭い岩山稜)で、海抜はわずか923メートルながら、経験を積んだ登山家でさえ命を落とすことがあるとか。何はともあれ4枚ローター(羽根)のラジコン・ヘリ「Quadcopter(クワッドヘリ)」を用いた壮観な景色が気持ちいい。あと犬が普通に歩きすぎ!

High Above, The Scottish Highlands

2週間にわたってスコットランドを巡り、より高画質になったGoPro4とキャノン600d、そしてPhantom 2(ドローン)を用いて各地を撮影したショートフィルム。こんな映像が最低限の機材で撮れるのですから、今映像の世界では革命的なことが起こっているということが嫌でも分ります。なおそれぞれの撮影場所は以下:

00:00 – Lochinver
00:14 – Sunrays at the Torridon pass
00:45 – Isle of Skye mountain range from Applecross
01:06 – Suilven
01:31 – Torridon Town
01:38 – Ardvreck Castle
01:46 – Lochinver Harbour
02:22 – Loch Torridon
02:33 – Applecross Pass
02:46 – Family of Deer near Applecross
03:02 – Loch Torridon Seagulls
03:43 – River Inver
03:53 – Abhainn Clas an Eas Waterfall
04:10 – Clachtoll Beach to River Inver
04:30 – Stoer Lighthouse
05:15 – Suilven Sunset
05:38 – Stars over Annat

Ice Climbing Frozen Niagara Falls

2015年1月、カナダの世界的クライマーであるウィル・ガッド(Will Gadd) (パートナー:サラ・ヒューニケン(Sarah Hueniken)) が、アメリカ・カナダ国境を流れる世界で最も有名なナイアガラの滝をアイスクライミングとして初登した様子を収めたハイライト動画。 ただでさえどうかしているのに、47歳という年齢はもはや理解不能。凄すぎ。なお詳細を知りたい方はこちらの記事(英語)をどうぞ。

Breathtaking POV Wingsuit Flight from Mt. Kilimanjaro

チョットドウカシテル動画その2。ロシア出身のB.A.S.E. ジャンプ(地上にある建造物や断崖などの高いところからパラシュートを使って降下するスポーツ)スペシャリスト、バレリー・ロゾフによる、世界初、アフリカ最高峰キリマンジャロからのウィングスーツ(手と足の間に布を張った滑空用特殊ジャンプスーツ)ダイビング映像。ちなみに B.A.S.E の由来は、B=Building(ビル)、A=Antenna(アンテナ・タワー)、S=Span(橋桁)、E=Earth(断崖などの自然)だそうです。

Barre des Ecrins – French Alps

フランス南東部、アルプス西部、エクラン山群の主峰 Barre des Ecrins(バール・デ・ゼクラン)をHDカメラで撮影した美しいネイチャーショートフィルム。シャモニに並ぶ登山のメッカですが、あまり観光地化されていないため静かな登山が楽しめるとか。それにしてもヨーロッパの自然は荘厳で息を呑むような迫力にはわけもなく背筋がピンとしてしまいます。

Wetness

トレイルを駆け抜ける MTB の”音”をフィーチャーしたショートフィルム。カナダのブリティッシュコロンビア州で活動しているMTB 集団 Coastal Crew による作品。

Sierra Nevada High Country John Muir Trail

カリフォルニア州の中央部に位置するヨセミテ国立公園からシエラネバダ山脈最高峰マウント・ホイットニーまでを結ぶ約340kmのトレイル(自然道)である、ジョン・ミューア・トレイル(John Muir Trail)を綴ったショートフィルム。「ロングトレイル」と呼ばれるこうした長大な山道を結んだルートはアメリカにはいくつもあり、単なる観光的な要素だけでなく、大自然と共に生きてきたアメリカの歴史と文化を追体験するアドベンチャーとしても非常に魅力的。今でも日本のアウトドア愛好家たちの心を掴んで止みません。

山仲間にシェアしよう!

2 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!