First Look:MONTANE(モンテイン) FIREBALL JACKET(ファイヤーボールジャケット)

防寒着なのに行動中も、休憩中も、常に着ていられる優れモノ

冬のアウトドアにとって最もこだわるべきアイテムのひとつである防寒着ですが、今ではダウンや化繊インサレーション、そしてフリースと、こだわりや愛着によっていくつかの選択肢が存在しています。例えばダウンは濡れに弱いので行動する前には脱がざるを得なかったり、フリースは嵩張り、その他の化繊は保温力がまだまだ、などなど、どれも一長一短があることは事実で、これが防寒着選びを難しくしています。しかしこの Montane Fireball Jacket は、それらの欠点を良い塩梅で解消し、かつ価格も極力手が届く範囲に抑えたという、現時点でまさに夢のような防寒着(ミドルレイヤー・インサレーション)。最近ぼくの装備ラインナップでもついに5年ほどずっと替えられずにいたフリースに取って代わり、ザックの隙間の常連になっています。これまでの防寒着ではハナから諦めていた特性をさらりと実現しているという意味で、ぼくにとってはミドルレイヤーの固定観念をを打ち壊した衝撃的な一品(大げさ)でした。

Fireball Jacket を含めた注目のインサレーション比較テストを書きました。

DSC03145

速報レビュー

アイテム名(参考価格)

Montane Fireball Jacket (23,760円)

主なスペック

項目 内容
重量 328g (size M) ダウンには劣るもののフリースよりは十分に軽い
表地 PERTEXⓇ Quantum Rip-stop 耐久性を兼ね備えた世界最軽量クラスの超極細糸で軽量・タフ・速乾・防風・撥水性を実現
中綿 PRIMALOFTⓇ SILVER ECO(40g) 速乾・軽量コンパクトでありながら十分な保温力を実現し、濡れても保温力の低下が少ない
裏地 PEAQ Synthetic liner 非常にしなやかな肌触り、なおかつ通気性と速乾性に優れる
カラーバリエーション Electric blue・Black・Tangerine

正面・背面

ダウンなどでは中綿の偏りを無くすためにどうしてもバッフル(仕切り)が設けられているのですが、保温性を高めるためにバッフルが極力少なく作られています。仕立も身体の動きを妨げない作りで動きやすさ・快適さはまったく問題ありません。またポケットはバックパックやクライミングハーネス・ベルトに当たらない位置にインシュレーション・ハンドウォーマー・ポケットが2つ。

裏地・裾

DSC03171liner

滑らかな着心地だけでなく通気性も抜群。裾にはドローコードが付いています。

袖口

DSC03170cuff

丈夫で緩く伸縮性があり、腕まくりも容易。

ジッパー・チンガード

DSC03169zipper

軽量なリバースコイルジッパーを使い、さらに内側はフラップが付いて防風性UP。マイクロフリース地で折り返してあり、肌触りが快適。

フード

DSC03173hood

小さめで、逆に言うと大きすぎて目に覆い被さることはなく、ちょうどいいサイズ(ヘルメットの下に被る)。ただし調節はできない。

収納時

DSC03177pack

右ポケットを裏返し、スタッフバッグとして収納すると、写真のような封筒状にパッキング可能。

ここがスゴイ!

冬の那須、箱根にて中間着として試用したのですが、まずとにかく軽量コンパクト。素材にこだわり、無駄なものをそぎ落としたシンプルな仕立はファスト&ライトなアウトドア・ギアの開発にすべてを捧げる英国の雄 Montane の信念が随所に感じられます。

そしてなにより気に入ったのが行動から休憩まで含めた、安定した快適さ。ウールのベースレイヤーとゴアテックスのアウターの中間に着ていましたが、滑らかな肌触りと、身体を動かしてもまったく違和感のないフォルム、内側が汗で湿っても通気性の良い裏地がどんどん湿気を逃していくので、行動中でもまったく脱ぐ必要性を感じないのです。そのうえ休憩中は休憩中で PRIMALOFT がきちんと外気をシャットアウトし、PERTEX Quantum が防風してくれるので、スースーするような寒さがまったくない。つまり一日中着っぱなしでOK。

他にもマイクロフリースのチンガードや右のポケットがスタッフバッグになるのであの無くしやすい小袋も不要という細かな配慮も素敵です。もちろん、ダウンと違って洗濯機で普通に洗って干せばよいという手入れの簡単さも地味に嬉しい。

ここがイマイチ

強いて言えばになるが、ベンチレーションがない、内ポケットか胸ポケットなど小物を入れるポケットがあとひとつ欲しい。厳冬期にこれ一枚で十分というほどの保温力は無い(それゆえにこれだけ軽量コンパクトな訳ですが)。

まとめ:どんな人におすすめ?

素晴らしいことに、基本的に季節を問わず、またアクティビティの種類を問わず(ハイキングから沢登り、バックカントリースキー、クライミングまで)誰にでもおすすめできます。特にぼくのようなスリムフィットでシンプル・軽量なグッズが好みの方には絶対おすすめ。厳しい寒さに備えてこれに軽量ダウンジャケットがあれば、日本では防寒対策十分といえるのではないでしょうか。

山仲間にシェアしよう!

2 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!