NEWS:今シーズン話題のギアから個性的なニューフェイスまでもが一堂に!『TRAIL OPEN AIR DEMO 3』レポート

結局みな、同じ山で遊ばせてもらってる者同士――。

メジャーブランドも新興メーカーも、作り手も受け手も、山好きもラン好きも、初級者も上級者も、山から恵みを享受し、山によって突き動かされているすべての人が楽しめるアウトドア・ギア・イベント『TRAIL OPEN AIR DEMO 3 / トレイルオープンエアデモ 3(TOAD3)』が今年も開催されました。冒頭の言葉は主催者の方に話しを聞いた際、自然とこぼれてきた台詞。このイベントの、細かいことを気にしないオープンで気持ちのよい空気感が表れています。

トレイルランニングをはじめとしたアウトドアに関連する様々な製品をその場で実際に試したり、メーカーの話を直接聞くことができるというこのイベントでは、何といってもシューズやバックパックなどパフォーマンスを左右するような大事なギアの、一見しただけでは分からない微妙なフィット感まで実際のフィールドで試せるということが魅力。3回目を数える今年は参加ブランドも最初の30程度から大小合わせて約70程にまで拡大したそうで、その有り難さは年々増すばかりです。

それでもこのまま単純に規模を追うつもりはない、そう主催者は釘を刺します。規模が拡大するとどうしても収拾がつかなくなって、いろいろと厳しく管理せざるを得なくなる部分も出てきてしまう。あくまでも良い意味でユルくオープンに、関わっている人すべてが楽しめるという今のこの感じを大切にしていきたいと。ああ、この人分かってる。日本でここまで居心地の良いイベントにはほとんど出会ったことがありませんでしたが、この垣根をなくして自然という同じフィールドを分かち合って楽しむ人々すべてに開かれた姿勢こそ、数ある試着・試走会と違うこのイベントの素晴らしさなんだとあらためて確信しました。

早速そんなイベントの雰囲気とともに、当日行けなかった人のために各ブランドのブースを回ってきた様子をレポートしたいと思います。ただ今回は紹介したいブランドが多くなりすぎてしまいました。大抵のお店で置いているようなメジャーなブランドについてはちょっと省かせてもらいましたので、結果的にラインナップはやや変化球よりになってます汗。

TRAIL OPEN AIR DEMO 3 で見つけた2017シーズン注目ブランド・アイテム

HERITAGE クロスオーバー ドーム f

パッと見、よくあるドーム型テントかなーと思いきや、これはいわゆるツェルト(シェルター)です。ウルトラライト的に軽量化を突き詰めたいけど、居住性や設営の簡単さもあるに越したことはない、そんな悩ましい希望を叶えてくれるのがこのHERITAGEの最新自立式ツェルト(もちろんシングルウォール)。570g(本体:304g、ポール:266g)はULテントと比較すればトップクラスの軽さ。それでもってどこでも簡単に設営が可能なポールをスリーブに通すドーム型の形状。入り口もL字型ジッパーできちんと密閉でき、かといってベンチレーションによる通気もまずます。お値段も良心的で、これはかなりの良バランス。いくつかある今年の新作テント(シェルター)のなかでも特に注目度が高かったのですが、実際に見てみて納得。後日迷わず予約してしまいました。(公式サイト

NATHAN VaporKrar / VaporHowe

個人的にずっと気になっていたアメリカ西海岸のランニング・ギアブランド、ネイサンの新しいレースベストは二人のチャンピオン・ウルトラランナーとのコラボによるシグニチャーモデルで欧州のアワードも受賞(ISPO 2017/2018)している意欲作。まぁそんなことは後づけで知ったに過ぎず、とにかく身につけてみてください。瞬間で惚れます。肩から背中、脇にいたるまで吸いつくようにフィットする素晴らしい着心地は、もはや背負うという言葉は似つかわしくありません。極限まで軽く、そして通気性を確保しながら十分に配慮されたポケット類も納得。(公式サイト

UltrAspire ZYGOS 2.5 JAPAN

現代のハイドレーション・パック(ベスト)の生みの親であり、Ultimate Direction設立→NATHAN移籍と渡り歩きながら自由に自分のものづくりを追求し続けるBryce Thatcherが現在の創作拠点として立ち上げたのがこのUltrAspire。日本が誇る世界的トレイルランナーの山本健一氏との共同開発で生まれたZYGOS2.0のアップデートバージョンであるこのモデルは、まさにその道の第一線同士がぶつかり合って結晶となったと言いたくなる完成度の高いモデルでした。前のネイサンに負けず劣らずのフィット感、そして軽量とはいえ10Lという容量やメイン収納やポケットなどのつくりはそこまで削ぎ落とされているわけではないので使い勝手もよく、絶妙にいいとこ突いてくるんです。そんなニヤリとせずにいられないパック。(公式サイト

Mountain martial arts DUSTY

日常とアウトドア・アクティビティを「ON/OFF」のように分けることっておかしくないか?そんな問いかけが聞こえてきそうな新進気鋭の日本発ブランドMountain martial artsは、ランやハイキングのためのギアが普段と変わらない感性でデザインされています。多くのユーザーにとってはむしろ、極限までのパフォーマンスを追い求めるギアよりも日常を生きる人々がその延長として使いたくなるようなこうしたアプローチの方が魅力的だったりしますね。(公式サイト

Toe-Bi ランニング足袋

衝撃を和らげるためとことんソールを分厚く、クッション性を高くしていくのが最近のランニングシューズのメインストリームだとしたら、保護材料を一切使用せず、あえて限りなく素足に近い状態におくことを目指すこのToe-Biの発想は、ともすると馬鹿げたアイデアです。ただ、人間はそもそも足の裏で地面からの衝撃を”正しく”捉えることができ、それに対応する力が備わっており、その力を十分に使うことによってより理想的な走りに近づけられるのだとしたら、こんなに興味深い話はありません。ぼくも未だ答えは出ていませんが、とにかく試してみたい!(公式サイト

La Sportiva AKYRA

今回レポートのなかでは比較的メジャーなブランド、当サイトでも取り上げた人気トレイルランシューズAKASHAを擁するスポルティバが今年満を持してリリースした最新モデルがAKYRAです。実は昨年のドイツでの展示会から目を付けていたのですがようやく試着して軽く走ってみたところ、隙のなさに目を見張りました。基本的にはプロテクション性能を向上させ、より過酷で長距離のトレイルに適したマウンテンランニング用シューズという位置付けですが、折り紙の幾何学的形状からヒントを得たという独自ソールの柔軟で高いクッション性はAKASHAをよりオールラウンドで幅広い実力のランナーに対応させた感じで、ぼくのようなユルいランナーにはちょうどいい。(公式サイト

次ページ:『TRAIL OPEN AIR DEMO 3』レポート後半へ

次のページ 1 2

山仲間にシェアしよう!

40 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!