雪シーズン到来。今シーズン注目のハードシェルジャケット【2017-2018】

NORRONA lofoten Gore-Tex Pro Jacket

耐候性★★★ 透湿性★★☆ 機動性★★☆ 雪山登山★★☆ BCスキー★★★

今年あのデナリをスキーで滑降したビックマウンテンスキーヤー佐々木大輔も着用していることで一躍注目を集めている、NORRONAの最高峰シェルジャケット。GORE-TEX Proの高い耐久性、機動性抜群の立体裁断、袖口のハンドゲイターなど、過酷なシチュエーションでの登攀から滑降まで安心して任せられる、頼れる存在であるだけでなく、何よりも北欧ブランドならではの美しいシルエットとデザインにはなんともいえない魅力があります。ポケット内部にゴーグルクロスなど機能性にも気を配り、さらに今シーズンのモデルチェンジで新たに胸のベンチレーションジップも楽しみ。

THE NORTH FACE RTGフライトジャケット

耐候性★★☆ 透湿性★★★ 機動性★★☆ 雪山登山★☆☆ BCスキー★★★

ここまで紹介してきて、今シーズンの新作はとにかくBC向けのハードシェルが熱いということがそろそろ伝わってきているのじゃないかと思います。こちらもBCスキー向けモデルとなりますが、特にTNFはさまざまな契約スキーヤーとのコラボモデルが複数発売され、非常に興味深い状況になっています。そのなかでも特に注目したのがこのRTGフライトジャケット。素材として採用されているGORE-TEX® C-KNIT BACKERはProシェルのように極端な強度はないものの、ロープやハーネスによる摩擦などを考えなければ十分な耐久性をもっていますし、軽くてしなやかな着心地、そして透湿性の高さからBCにはどちらかというと向いている素材といえるでしょう。そのC-KNITを存分に使用し、さらにBC向けの特徴を多数備えたのがこのモデル。滑降に適したパターニングだけでなく、他に比べて立ちやすく首周りの窮屈感が少ない襟や、呼気を排出しやすいベンチレーション付き口元の作りなども通常のハードシェルよりもかなりBC向けに特化されています。ハードシェルにしては抑え気味の価格も魅力。

Teton Bros. TB3 Jacket

耐候性★☆☆ 透湿性★★★ 機動性★★★ 雪山登山★☆☆ BCスキー★★★

早くから透湿性抜群のNeoshellを採用し、独自の快適性を追求している日本の山岳スキーブランドの雄、Teton Bros.が定番TBジャケットの裏で新たにひっそりとリリースしたモデルがこのTB3ジャケット。Polartec社と共同開発した独自生地は、従来のNeoshellにニットの裏地を採用することでさらにしなやかに軽い着心地を可能にしました。着用してみた感じは、これがハードシェルかというほどに軽やかで動きやすい。TBジャケットよりも細身のシルエットは肌に吸いつくようにフィット。これまでも透湿性に関してはもとより、着心地についても十分定評のあったNeoshellをさらに快適に進化させたわけで、耐久性に関しては未知数ですが、GORE-TEX®の対抗馬としても、独自の個性をもった防水透湿素材としても、楽しみな未来を予感させるのに十分なクオリティを感じさせてくれました。

まとめ

途中でも触れましたが、今シーズンは雪山登山という定番のアクティビティについての革新は一段落し、BCスキー向けでおもしろいモデルが揃ってきたことが鮮明になってきました。果たして、いよいよ日本でも本格的にBCスキー人気が高まっていくのでしょうか。個人的にも今シーズンはBCスキーにのめり込もうと企んでいますので、この先ハードシェル以外でもBCスキー向けギアのレビューをどんどん上げていきたいと思いますので、どうぞ期待していてください!

ハードシェルについてはこちらの記事もおすすめ

前のページ 1 2

山仲間にシェアしよう!

211 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!