比較レビュー:春夏の稜線歩きにもってこい。最新軽量フリースジャケットを着比べてみた

何を着て登るか。前日のパッキング、あるいは朝の登山口で毎回発生するこの悩みは、春から夏にかけてのこの時期ピークに達します。

天気予報を見ると比較的暖かいけど、いざ現地にいってみると思ったより肌寒かったり。かと思えば、用心のために持っていった防寒着は終始ザックのなかでお休みしていたなんてことも多々あります。それくらいに山のレイヤリングは悩ましいもの。なかでも肌着とアウターの間で、保温とドライのバランスをとる役割を担うミドルレイヤー(中間着)選びとなると、さまざまなタイプがあって選ぶのが厄介と感じている人は多いのではないでしょうか。

フリースジャケットは70年代後半に生まれ、アウトドアからカジュアルシーンにいたるまで瞬く間に爆発的な人気を博した、ミドルレイヤーの代名詞ともいえる存在。近年では技術革新が著しい化繊中綿素材の高機能インサレーションジャケットに主役の座を奪われてしまったかもしれませんが、まだまだ「使える」アイテムであることは間違いありません。かくいう自分にとって、フリースジャケットはフィールドから日常使いまで、その着回しの良さで一年中手放せない一着です。

そんな筆者が思うフリースが活きるシーンとは、穏やかな気温での稜線歩き(のあるコース)です。化繊に比べ一般的にガンガンと風を通すフリースは、肌寒さを感じたときの保温着としてだけでなく、多少暑いけど風がそよいでいる場所で、最高に気持ちのよい山歩きを可能にしてくれます。風で身体を冷やすのは危険という向きもありますが、その冷却機能を積極的に利用したい春や秋、または夏の高山では発汗量と拡散スピードのバランスがちょうどいい塩梅なのです。化繊に比べてかさばる弱点は着続けることで気になりません。これでも寒すぎると感じたら、シェルを羽織ればいいというわけ。

そんなフリースジャケットですが、ご存知の通り現在では厚さはもちろん毛足の長さや密度、表面加工のテクスチャー、伸縮性など多彩な特徴を備えたモデルが、本格アウトドア向けからカジュアル路線までさまざま存在しています。

今回は暖かくなるこの時期に最適、そして1年を通しても使える万能アイテムとして使い勝手抜群の薄手軽量フリースジャケットを、今シーズン登場の5モデルをピックアップし、着比べてみました。

目次

今回比較したフリースジャケットについて

今回比較したフリースジャケットは当然のことながらファッション向けモデルではなく、機能面で特徴をもった登山・ハイキング向けモデルを前提としています。またフリースジャケットはその厚さ重量などによっては冬の寒さに対応した秋冬向けモデルも多数ありますが、今回は春~秋の3シーズン向けの軽量なフリース、重量にして500g以下を目安に、いずれも今シーズンの最新モデルからピックアップしました。なお、使い勝手・汎用性の良さからなるべくフード付き、フルジップモデルを選んでいます。

  • 2019 S/Sモデル
  • 登山時にミドルレイヤーとして着用することを想定
  • 重量500g以下
  • なるべくフード付き・フルジップモデル
  • なるべくなら普段使いにも使用可能なスタイリッシュさ

こうして選ばれた5モデルがこちら。

  • Patagonia R1フルジップ・フーディ
  • HOUDINI Outright Houdi
  • NORRONA falketind warm1 Jacket
  • MILLET ロッカ フーディー
  • mont-bell トレールアクションパーカ

テスト環境

4~5月の北海道。ベースレイヤーの上に羽織る、あるいはシェルの下に中間着として着て、登山・ランニング・キャンプや日常使いといったシーンで着用。評価項目については以下の5点を指標に設定しレビューしました。

  • 快適・機動性・・・比較的タイトなシルエットのフリースは心地よい肌触りやフィット感、激しい動きに対してもストレスの少ない着心地の良さがなにより重要。素材感や伸縮性、裁断・縫製による総合的な快適性が求められます。
  • 保温性・・・外の冷気を遮断し、体温を逃がさないことはミドルレイヤーの基本的な役割として必要。暑すぎてもいけませんが、春夏の登山向けといっても最低限の断熱性は必要です。
  • 吸湿・速乾性・・・ベースレイヤーによって吸い上げられた水分を、いかに効率よく外に排出し、身体をドライに保ってくれるか。ハイクアップした際のムレにくさなどもここです。
  • 重量・・・同じ性能であれば軽いに越したことはありません。
  • 使い勝手・・・ポケットの数や位置、あしらい、フードや袖、ジッパーなど、使う上で気持ちよい作りになっているか。

テスト結果&スペック比較表

スマホ向けの軽量表示で表が見づらいという方はこちら

総合評価AAAAAAAAAAAAA
アイテムPatagonia R1フルジップ・フーディHoudini Outright Houdi Blue Illusion SHOUDINI Outright Houdi[ミレー]LOKKA HOODIE(ロッカ フーディー)MILLET ロッカ フーディー[ノローナ] フリースジャケット 333014NORRONA falketind warm1 Jacketmont-bell トレールアクションパーカmont-bell トレールアクションパーカ
参考価格22,680円28,080円15,120円19,440円7,776円
ここが◎
  • 肌触り
  • 通気性
  • 耐久性
  • フィット感
  • 抜群の肌触り
  • 保温性
  • 伸縮性
  • フードのドローコード
  • カラー展開
  • 軽量
  • 速乾性
  • コンパクト
  • 通気性
  • 保温性
  • ハンドゲイター
  • コンパクト
  • 耐久性
  • 価格
  • 保温性
  • レイヤリングしやすい
ここが△
  • 左右ポケットの収納性、引っ掛かり
  • 重量・収納時に嵩張る
  • 毛玉ができやすい
  • 価格
  • 吸湿・速乾性
  • 保温性
  • 耐久性
  • フードがない
  • 吸湿速乾性能
  • ファスナーが若干固い
  • 収納時に嵩張る
快適・機動性★★★★☆★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆
保温性★★★★☆★★★★☆★★★☆☆★★★★★★★★★★
吸湿・速乾性★★★★☆★★★☆☆★★★★★★★★☆☆★★★☆☆
重量★★☆☆☆★★★☆☆★★★★★★★★★☆★★☆☆☆
使い勝手★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★★☆☆
スペック
実測重量(g)401363298319410
素材

6.9オンス・ポーラテック・パワー・グリッド・リサイクル・ポリエステル93%/ポリウレタン7%。ポリジン永続的防臭加工済み。ブルーサインの認証済み。フェアトレード・サーティファイドの縫製を採用

Polartec® Power Stretch® Pro Lightサーマル バイフェイス ウルトラライト ポリエステル 100%warm™1 / Polartec® Power Stretch®ストレッチクリマプラス®[ナイロン47%+ポリエステル36%+ポリウレタン17%]
ポケットジッパー付き胸ポケット、ハンドポケット×2ジッパー付きハンドポケット×2ジッパー付きポケット×3(胸1、ハンド2)ジッパー付きハンドポケット×2ジッパー付きポケット×3(胸1、ハンド2)

各モデルのインプレッション

総合力でNo.1:
Patagonia R1フルジップ・フーディ

ここが◎

  • 肌触り
  • 通気性
  • 耐久性
  • フィット感

ここが△

  • 重量
  • 左右ポケットの収納性、引っ掛かり
  • 毛玉ができやすい
  • 収納時に嵩張る

毎年Patagoniaの中でも大人気の定番モデル。かなり歴史もありフィールド上でバリバリ活躍する多くの人の意見をもとに幾度となくアップデートを重ね、今回のR1は史上最高傑作だとも言われています。

着用してみれば納得。内側の凸凹したパイル生地の起毛素材、肌触りに何とも言えない気持ち良さがあります。身体との隙間も最小限に抑えられ、抜群のフィット感があるため保温性に優れ、かつ汗の吸湿速乾能力が5モデルの中でもトップクラス。

生地にはPolartec Power Grid™が採用されており、汗冷えの防止に非常に長けています。なんならベースレイヤーにして着用しても全く問題がないくらいです。伸縮性に富んだ袖口のおかげで袖を捲り上げる動作はノンストレスです。左胸のポケット裏にはメッシュ素材が使用されており、ファスナーを解放することでベンチレーションの役割を果たしてくれます。

マイナスポイントとしては、両サイドのハンドウォーマーポケットにジッパーがついていないため、何かと動作中、ポケットに手が引っかかることが多く非常にストレスを感じてしまいました。次回のアップデートに期待することとします。あとは重量。実寸値ではまさかの400gオーバー。生地自体にも厚みがあり保温性にも優れているため、犠牲にしなくてはいけないポイントかもしれませんが、とにかく軽いフリースを着用したい人には、おすすめできません。また、毛玉が思ったより付着しますので、定期的にメンテナンスをする必要もあります。

マイナスポイントをいくつか上げましたが、筆者が5モデル中最も気に入ったのはこの「R1」でした。快適性・機動性、保温性、吸湿速乾性、機能性の評価ポイントが高く最もバランスの良いアイテムで、どの季節においても活躍してくれること間違いないでしょう。

一度袖を通したら忘れられない極上の着心地:
HOUDINI Outright Houdi

ここが◎

  • 肌触り
  • 伸縮性
  • 保温性
  • ドローコードによるフードのフィッティング
  • 豊富なカラー展開

ここが△

  • 吸湿・速乾性
  • 価格

北欧はスウェーデンが誇る歴史あるブランド。HOUDINI。巷ではフリース界のロールスロイスとも言われているみたいです。着用してみてまず驚いたのが、肌触りと伸縮性です。肌触りに関して言えば、他の4モデルとは雲泥の差があると言っても間違いないでしょう。とにかく柔らかいんです。「モチっ」とした生地に包まれる快感がなんとも言えません。使用されている最高級品質のPolartec Power Stretch Pro Lightが魔法のような着心地を提供してくれます。おまけに抜群の伸縮性によって運動時のストレスがないどころか、いつしか着用していることを忘れてしまうぐらい、ストレスを感じることがありませんでした。

今回のなかで唯一、フードと裾にドローコードがありフィッティングすることができます。さらに手の甲側に長めに設計されている袖口のカッティングや十分な保温性も兼ね揃えているため急な天候変化にも十分に対応できることでしょう。これだけ生地が柔らかいと着用と洗濯により生じる型崩れを懸念していましたが、耐久性にも優れており意外にも型崩れはしません。カラー展開も6色と豊富で、北欧ならではの鮮やかなカラーで周囲とかぶることも少ないと思います。

マイナスポイントとしては、保温性に優れている分、吸湿・速乾性能は相対的に劣るため、運動している際にすぐにジッパーを解放し換気したくなります。5モデル中、最も高価ですが着用してみれば納得すると思います。

抜群の汗処理能力でドライを実現:
MILLET ロッカ フーディー

ここが◎

  • 軽量
  • 非常にコンパクト
  • 通気性能
  • 吸湿速乾性

ここが△

  • 保温性
  • 耐久性

まず驚いたのが、その軽さ。公表されているスペックでは390gですが、実測値ではまさかの300g以下。さらには収納サイズも圧巻の1位。これだけコンパクトになるのであれば、予備のミドルレイヤーとして携行するのもありだと思います。

裏面には3Dハニカム構造の生地が使用され、通気性能と吸湿速乾性能は非常に秀逸。フィット感抜群の素材やフラットな縫い目、ラグランスリーブで動きやすい裁断など、動きと発汗の多いランニングテストでは他を寄せつけない快適さを発揮してくれました。左胸と両サイドのファスナー付きポケットは他と同様ベンチレーションとしての効果を発揮してくれます。また、ドローコードがついていませんが、袖と裾には適度な力で締め付けてくれているゴムが配備されているため、捲り上げた袖がずり落ちてくる心配もありません。左右のハンドポケットの他スマホも入る胸ポケットなど、使い勝手も上々。

その代わりといってはなんですが、保温性能は5モデル中最も低いタイプになります。夏のアクティビティ、特にトレイルランニングを本格的にやる方にはおすすめです。

年間通して活躍する軽くて暖かい1着:
NORRONA falketind warm1 Jacket

ここが◎

  • 保温性
  • ハンドゲイター
  • 軽量
  • コンパクト

ここが△

  • 吸湿速乾性

HOUDINIと同じく、北欧はノルウェー発の高級ブランド。NORRONAのフリース系ミッドレイヤーの中でも、最も汎用性が広く1年を通して使用できるという謳い文句のfalketind warm 1 jacket。5モデルの中で最もクラシックなフリースに近いタイプで、保温性については薄手にもかかわらず想像通り圧巻の1位。懸念されたフリース特有のゴワつき感も感じられず、暖かくて軽くて動きやすいです。ボディに採用されている生地はwarm™1という、Polartec® Thermal Pro®リサイクル素材をベースとした独自生地。肌触りが良く、耐久性も十分にあります。毛玉ができにくいため、ザックのベルト類と擦れても安心ですし、非常に手入れがしやすいことでしょう。

脇下から上腕にかけてはPolartec® Power Stretch®が使用されており伸縮性に優れ、動きにストレスはありませんでした。両サイドのファスナー付きハンドウォーマーポケットは開口部が大きく、出し入れをスムーズに行うことができますし、十分にベンチレーションとしての役割も果たしてくれます。またポケットの位置が上部に配置されているため、ハーネスなどと干渉し難くなっているところも高評価ポイントです。さらにはサムホール付きハンドゲイターが備わっており、冬季のミドルレイヤーとして使用する際には非常にありがたい仕様となっております。今回の5モデルでは唯一フードがないモデルになります。何かと便利なフードがないことがデメリットにもなりますが、ハードシェルやレインウェアを着用した時に、背部のゴワつきがないというメリットも感じられました。

使用してみて、確かに謳い文句通り1年を通して幅広く使用できると実感しました。特に秋から冬季にかけてのミドルレイヤーとしては、かなり本領を発揮してくれるアイテムだと思います。

抜け目のない高性能が安心のお値打ちモデル:
mont-bell トレールアクションパーカ

ここが◎

  • 価格
  • 耐久性
  • 保温性
  • レイヤリングしやすい

ここが△

  • ファスナーの滑りが固い
  • 収納サイズが大きい

日本が誇るモンベルから発売されている複数のフリースジャケットラインナップの中から、今回選んだのはアクティブなシーンに適しているとされるトレールアクションパーカ。正直、今回の検証をするまではあまり目に留めていないアイテムでした。一通りの使い方をしてみて、さすがはモンベル。我が日本のブランドをよりいっそう誇りたくなりました。

生地にはストレッチクリマプラスが使用されており、伸縮性と保温性に長けています。使ってみても突っ張ることがなく、終始ノンストレス。また、全体的にがっしりとした作りとなっており耐久性も十分に備わっております。表面はツルツルとしたジャージ素材で滑りが良いため、アウターを着用する際のストレスがありませんでした。 また、両脇下のポケットは高めに配置されているため、ザックのウェストベルトを閉めた状態でもアクセスしやすく、かなりの高評価ポイント。

ただ単体で見ると魅力的なポイントは数多くあれど、今回の比較で他モデルと比べて特に際立って優れたポイントというと難しいか。しかしながら、何といってもこれだけのクオリティがあるにも関わらず7,200円という破格値はまさにコスパに優れていると言わざるを得ないでしょう。

次ページ:各項目の詳細レビューへ

次のページ 1 2

山仲間にシェアしよう!

136 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!