比較インプレ:スポーツ向け機能性タイツ履き比べ!~トレイルランナー目線から~

僕が初めて機能性タイツを購入したのは、もうかれこれ10年ほど前のこと。ヒザに違和感を感じていたので、何か良いものはないかと思っていた時に、スキーヤーの友人が紹介してくれました。当時は一部のスキーヤーがで使用している程度で、もちろん選択肢はほぼなく、勧められるがままCW-Xを購入しました。その頃はまだ市民権を得ておらず、タイツを履いていると変質者?という目で見られるので、必ずズボンを履いて隠して走っていたのを覚えています。そこから数年後、僕の記憶では山ガールが出没し始めた辺りから広く知れ渡るようになり、今では堂々と使えるようになりました。

今では多くのアスリートが着用し、普段の生活でも使用されるまでになり、選ぶのに苦労するほどの数々の種類の機能性タイツが各メーカーから販売されています。

今回はそんな機能性タイツの中でも、トレイルランニングに適しているかという視点で、特徴の異なる3種類のモデルを選んで、実際に使用比較してみました。

目次

今回比較したスポーツタイツについて

機能性タイツといっても、目的や機能などによって様々なタイプが存在します。今回はトレイルランナーが練習からレースまで使用するという目線で、3種類の異なるタイプのタイツを選んでみました。

まずはおなじみのアシックスが走るために必要なサポートを進化させたという、ランナーのためのランニングタイツがMMS LONG TIGHT2.5。そして言わずと知れた機能性タイツメーカーの老舗CW-Xからは、機能性タイツで最上位モデルであるジェネレーターモデル。ひざ・腰・股関節に加え、カラダを支えるのに重要なおしり・ふとももの筋肉までサポートし、スポーツ時に多い動きからカラダを守ります。そして最後のC3fit インスピレーションロングタイツは数少ない、一般医療機器「弾性ストッキング」の血行促進効果をもつ段階着圧設計のロングタイツ。血行促進効果によってむくみを軽減することができ、長時間の着用にも快適さを維持。同時に運動時の余分な筋振動を抑えることで運動効率をアップさせます。

テスト環境

評価項目については、以下の5点を指標に設定しレビューしました。

  • サポート性・・・タイツがフィールドの中でのランニング動作をどれだけサポートしてくれるか。着用することで走りがどう変わるのかを中心に評価しました。
  • 快適性・・・どれだけ機能がよくても、着用感が悪ければ元も子もありません。履き心地からランニング中のズレ・不快感の有無、長時間着用でのストレスなどを評価。
  • 機動性・・・タイツを履くことで動きが制限されてしまっては本末転倒。ここではランニング時の各動作でマイナスに働く要素はないかなど、動きやすさをチェックしています。
  • 疲労感・・・運動中・運動後の疲労の感じ具合を比較してみました。ここはやや主観の要素が強く出てしまいますが、そこはしょうがない。
  • 耐久性・・・特にトレランでは、通常よりも小枝やイバラなどで破れたりするリスクが高く、生地の丈夫さは気になります。厳密な試験はできませんが、ある程度無理な使い方をしてのインプレッションで比較しています。

以上の5点を意識して、ロードでのランニングや、アップダウンの比較的多いトレイルでのランニングを各モデル数日行いました。その他、長時間着用での快適性を測るため、1日のうち長時間着用して生活してみたりもしました。

テスト結果&スペック比較表

総合評価AAAAAAAA
アイテム[シーダブリューエックス] スポーツタイツ ジェネレーターモデル レボリューションタイプ ロング 吸汗速乾 [メンズ] HZO609ワコール CW-X ジェネレーターモデル(レボリューションタイプ)(シースリーフィット)C3fit トレーニング インスピレーションロングタイツ 3F06320 [メンズ]C3fit インスピレーションロングタイツ[アシックス] ランニングウエア ランニングサポートタイツ MMS Long TIGHT2.5 XXR862 [メンズ]アシックス MMS LONG TIGHT2.5
参考価格19,440円12,960円14,040円
ここが◎動き全般で抜群のサポート力・安定感はき心地のよさ、走りやすさ、疲労の溜まりにくさ平地のランニングでのサポート力
ここが△サポートがやや強すぎて長時間はややキツいサポート力はあまり感じられない履きにくい、ランニング以外の大きな動作が窮屈
サポート性★★★★★★★★☆☆★★★★☆
快適性★★★★☆★★★★★★★★☆☆
機動性★★★★☆★★★★★★★★☆☆
疲労感★★★★☆★★★★★★★★★☆
耐久性★★★★☆★★★☆☆★★★★☆
スペック
アイテムCW-X ジェネレーターモデル(レボリューションタイプ)C3fit インスピレーションロングタイツアシックス MMS LONG TIGHT2.5
実測重量198g(Lサイズ)154g(Lサイズ)172g(Lサイズ)
素材本体(抜き部):ナイロン70%、ポリウレタン30%、サポート部:ナイロン45%、ポリエステル35%、ポリウレタン20%ナイロン75%、ポリウレタン25%身頃・サポート部:2WAYトリコットVMⅡ
身頃:/ナイロン52%、ポリウレタン48%
サポート部:/ナイロン36%、ポリウレタン33%、ポリエステル31%
筋・関節サポート 
段階着圧 
抗菌防臭  
UV耐性 

各モデルのインプレッション

ワコール CW-X ジェネレーターモデル(レボリューションタイプ)

CW-Xのテーピングパターン(写真左)。確かに下半身全体を縦横無尽にテーピングが走っている。ちなみに左腰には、他の2モデルにはないキーポケットが配置されている。

CW-Xの高機能タイツは現在、「ジェネレーター、スタビライクス、エキスパート、スタイルフリー」の4モデルがあります。今回使用のジェネレーターモデルは腰・おしり・股関節・太もも・膝・ふくらはぎと下半身全般をサポートしてくれる、CW-Xシリーズの最上位のモデルです。

生地は一見しっかりとして履きにくそうですが、実際には伸縮性もありスルスルっと難なく履け、3モデルの中では一番履きやすかった印象。その割にテーピング部分の伸縮性はほとんどなく、そこはしっかりサポートしてくれているので非常にメリハリが利いて好印象。腰から下半身全体がサポートされているという感じがひしひしと実感できました。

実際に走ってみると、その「サポートされている感」はさらに確信へと変わります。足が勝手に前に出るだとか、そういった効果はではないのですが、一つ一つの動作をしっかりと支えてくれるというか、安定感を与えてくれる、文字通りサポートを実感できるのがこのモデルで強く感じた印象です。

特にトレイルランの下りでは、通常のランニングではありえないような不安定な着地や体のねじれなどが突発的に発生してきます。そんな不測の動きに対しても、より少ない不安で走ることができました。とにかく下半身の安定感が素晴らしかったです。

ただ、そのサポート力は誰もが感じられるほどに強めです。走り込んで体ができているような高レベルのランナーにとっては、逆に窮屈と感じるかもしれず、そういった人には本番よりも、むしろ惰性になりがちな普段のロードでのLSDなどにちょうどいいかもしれません。

C3fit インスピレーションロングタイツ

裏返してみても(写真左)サポートはないのが分かる。ただ骨盤周りにはサポーターがついており、タイツを履く時に下着をつけない派の人にもバッチリ。

医療機器認定を受けている弾性ストッキングを使用したモデルです。今回比較対象であるアシックス MMS LONG TIGHT2.5CW-X ジェネレーターモデルのようなテーピング機能はまったくなく、血行を促進し、筋肉のブレを抑えることで”運動効率をアップ”することを目的としているのが他モデルと大きく異なる点です。

なお、C3fitがすべてそのようなタイツしか扱っていないということではなく、テーピング効果を備えたElement Air Long TightsImpact Air Long Tightsなど目的に合わせた複数のラインナップを揃えているということは念のため付け加えておきます。

実際に着用してみると、さすがに他の2つと比べるととびぬけてソフトな穿き心地。そして軽い。マイルドな段階着圧がとても気持ちよく、素足でいるより履いている方が楽なんじゃないかと感じさせてくれるほどです。もちろん長時間着用してもそこまでストレスはありませんでした。

走ってみての第一印象では、やはり、はっきりとパフォーマンスを上げてくれるという印象はあまりなく、ロードでのランニングのような負荷が低めの動作では特に走りでのサポート感を体感することは難しいかもしれません。しかしアップダウンの多いトレイルでのランニングでは、普段より登りの調子は良く、足の上がりも悪くなかったです。個々の動作がテーピング効果で促進されているというよりは、なんだか今日は調子がいい?と感じるような、そんな楽さを感じながら走れました。

また今回は坂道ダッシュでのテストのような高負荷トレーニングでの比較も行いましたが、トレーニング後もずっと履きっぱなしで過ごしていた場合、血行促進のおかげで疲労物質が排出されやすいのか、最も足のだるさが軽減されているように感じられました。もちろん商品の特徴を知った上での比較なので、先入観の影響かどうかの疑念はぬぐい切れないものの、他のモデルにはない疲労の軽減具合が感じられました。

テーピング効果のような直接的なサポートは体感しづらいのですが、これを履くことで全体的により少し上のコンディションを引き出してくれる、そんな印象のタイツです。

アシックス MMS LONG TIGHT2.5

裏返した状態(写真左)から見たテーピングの様子。腰から腿・膝と主要部分がしっかりサポートされている。ちなみにタイツの縦縞模様は、細く見える効果があるそう。

3アイテムの中でも、唯一のランニング用モデル。

まず第一に、とても履くのに苦労します。今回のレビューだけでなく、これまでにも何種類かタイツは履いたことはあるのですが、履きにくさはダントツな気がします。ひざ下までは履けたのですが、膝~太もも~おしりにかけてサポート部分を適切な位置に宛てながら履くのに時間がかかりました。

もちろんサポート部以外の生地には伸縮性があるものの、他の2モデルと比べるとそこすらあまり伸びません。僕の太ももとおしりが太め・大きめなのも履きにくさの原因かもしれませんが…購入する場合はしっかりとサイズを確認して、試着を強めにオススメします。

ただ、サポートタイツの比較対象であるCW-Xと比べると、履いた直後にはサポート感はそこまで強く感じられません。ただ走っていると、後半になってもしっかりと姿勢・フォームを自然と維持でき淡々と走る分には非常に楽に走れました。動きの隅々まで体感できるようなサポートは期待できませんが、ロードでランナー本来の走力を長時間維持してくれるサポートタイツだと思います。ただしトレイルランのような臨機応変の動きに対しては、窮屈さの方が気になってしまい、あまりおすすめではないかもしれません。

次ページ:各項目の詳細レビューへ

次のページ 1 2

山仲間にシェアしよう!

86 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!