Review:mont-bellの最新シュラフ、シームレス ドライ ダウンハガー900の中身を覗いたら、不可能が可能になった瞬間に立ち会えた

すでに各所でも話題になっていますが、2020年シーズン、日本が誇るアウトドアメーカーのmont-bellが満を持してリリースした新しいスリーピングバッグ(シュラフ・寝袋)、シームレス ドライ ダウンハガーを早速入手しました。

このスリーピングバッグを展示会で目の当たりにしてからというもの、口に出したい気持ちをぐっとこらえながら、今日という日を待ち望んできました。それもそのはず、このシュラフは私たちがダウンシュラフと聞いて長い間ずっと「当たり前」に思っていたこと、あるいは「どうしても変えられなかった」部分を、イノベーションによって大きく進化させた、あっと驚く新製品なのです。なにがどうすごいのか、どう進化したのか、実際のレビュー、そして勢いあまって大胆にも内部を”解剖”しながら紹介していきます。

シームレス ドライ ダウンハガー900(#3)の大まかな特徴

mont-bellがリリースしたシームレス ドライ ダウンハガーは、完全に新しい構造で寝袋界に技術革新をもたらした寝袋です。これまでのダウンシュラフでは技術的に難しかった、寝袋内で中綿が偏らないように留めておくための「隔壁」を取り払うことに成功。縫い目を極限まで少なくすることによって、軽さを保ちながらより高い断熱性と嵩高性を実現しました。その他、表生地にGORE-TEX 防水透湿生地を使用するなど、まったく新しい構造のシュラフはこれまでにないさまざまな安全・快適機能が付加することができるようになり、これまでにない快適・高機能なスリーピングバッグを可能にしました。

表地に防水透湿機能を備えたシームレス ドライ ダウンハガー、防水透湿機能のないナイロン生地仕様のシームレス ダウンハガーがラインナップされています。中綿のダウンは900FPの最高レベルの高品質ダウンを使い、その量によって #1、#2、#3、#5(ドライは#3、#5のみ)が選択できます。

おすすめポイント

  • 軽量で防水透湿にもかかわらず高い断熱性
  • しっかりフィットしながら動きも妨げない快適性

気になったポイント

  • 収納時の圧縮が大変
  • 高価格

主なスペックと評価

項目スペック・評価
適応身長183cmまで
収納サイズ14×28cm(3.8L)

公式重量/収納袋含

541g/565g (スタッフバッグ:24g)
実測重量/収納袋含523g/547g (スタッフバッグ:24g)
ダウン品質900FP/EXダウン(ダウン90%・フェザー10%)
メーカー記載温度域(℃)
  • コンフォート:4℃
  • リミット: -1℃
  • エクストリーム:-16℃
表地GORE-TEX Infinium (13D バリスティック エアライト ナイロン 撥水加工)
裏地7D バリスティック エアライト ナイロン
付属品
  • スタッフバッグ (24g)
  • ストリージバッグ (70g) 
保温性★★★★★
重量★★★★★
携帯性★★★★☆
快適性★★★★☆
機能性★★★★★
汎用性★★★★★
総合評価★★★★★

何がどうすごいのか?

まず、このシームレスダウンハガー、何がすごいのでしょうか。

これまでのダウンの寝袋では、生地の裏表を縫い合わせ隔壁を設けることで小さな部屋をたくさん作り、中綿が偏らないよう分布を均一化しています。これによって中綿が薄くなってしまうポイント、いわゆる「コールドスポット」が生まれるのを防ぐことはできましたが、しかし隔壁に囲まれた小さな部屋にダウンを閉じ込めてしまうことで、膨らんでこそ生きるダウン高い保温性能を制限してしまったり、縫い目自体から熱が逃げてしまう原因にもなっていました。もちろん、隔壁の生地と糸分の重量も無視できません。

このシームスダウンハガーは、こうしたこれまでどのメーカーも越えられなかった、隔壁の壁を省略することに成功し、寝袋の新しい境地を切り開きました。

これまで隔壁で区切られた個室に閉じ込めることで均一に保たせていたダウンを、スパイダーバッフルシステムという、これまでとは全く違う方法で均一に分布させています。これは、スパイダーヤーンという糸を寝袋内部に張り巡らせ、そこにダウンを絡ませることにより一定量のダウンを隔壁なくともその場に固定させるという構造です。これほどのゲームチェンジャーはあるでしょうか。

隔壁がないから「軽いのにより暖かい」:その驚きの内部構造

口で言うのは簡単。どのメーカーだって、思ったことがそのまま形にできるんならみんなやっています。問題は「どうやってダウンを糸に絡ませているの?糸はどうやって張り巡らされているの?」などなど、実際どうなっているのか、です。とにかくそれが気になってしょうがない、ということで、これまで一度もやったことのない暴挙を敢行。実際にハサミで切って中を覗いてみることにしました。良い子は絶対にマネしちゃダメだよ!

思い切って裏地をハサミで切って中の構造を見てみました。

さっそく中を見るてみると、当然ながらふかふかのダウンがたくさん詰まっているのが見えます。このダウンは900FPと極めて高い復元力を誇り、ダウンボールが大きく密度の高い超高品質の「EXダウン」です。

中を覗くと、ダウンがパンパンに詰まっています。

隔壁がないので、中からは大量のダウンが溢れ出てきます(今回開けて中を見たことで、結構な量のダウンが風で飛ばされていきました涙)。

隔壁がないので、大量のダウンが溢れ出てきます。

そして中をちょっとまさぐると、ダウンが絡みついた糸がでてきました!これがスパイダーヤーンです。

ありました、これがスパイダーヤーン。しっかりダウンが絡みついています。

一本だけ選別して取り出してみました。一本の糸にたくさんのダウンが絡みついて、ボリュームのある糸になっています。

一本だけ取り出すと、ダウンがよく絡んでいるのがわかります。

スパイダーヤーンは、一本ずつではなく数本がまとまって、裏生地に縫い付けられた糸ゴムに絡めて固定されていました。数本まとめて絡めているおかげで、各スパイーダーヤーン間にもダウンが絡みつき、少ない糸でも相当量のダウンが効率的に固定されるようになっているように推測されます。

スパイダーヤーンは数本まとめて、裏生地の糸ゴムに絡めて固定してあります。よく考えられている…。

そしてこのスパイダーヤーンの束を、寝袋内に無数に網目状に張り巡らさせることによって、隔壁を必要とせずダウンを一定量その場に留まらせることに成功しています。それにしても何という複雑な縫製…。

中を除くと、スパイダーヤーンが縦横無尽に張り巡らされています。

このスパイダーヤーンを用いたスパイダーバッフルシステムのおかげで体重の掛かる部位のダウンが逃げてできるコールドスポットが存在しないため、均一に保温性を保つことができるようになりました。しかし、すべてのダウンがこの糸に絡まっているわけではありません。絡まっていないダウンはある程度寝袋内を移動することができますので、この遊び部分は気温や寝心地の好みに合わせて偏り具合を調節することができます。

スパイダーヤーンは寝袋の内側に縫い合わされているため、表地には縫い目は必要ないため、縫い目からの熱の放出もなくなり、同じ重量でもより一層の保温力を得ることができます。

ホントに縫い目のない表地。いまだに寝袋なのかと疑いたくなるほど。

隔壁がなくなったことで可能になった「防水透湿」機能

スパイダーバッフルシステムのおかげで保温性能が向上すれば、軽量化できる。だからといってmont-bellは、ここで単純にシュラフを軽くするのでなく、表面に縫い目がなくなったメリットを最大限に活かし、表地に防水透湿性素材であるGORE-TEXを当てるという、夢のような仕様にしてくれました。これでシュラフカバーがなくても、ダウンシュラフを常に濡れから守れるようになりました。

詳細レビュー

これまでの寝袋とは全く別のナニか

初見は、なんだこりゃ?寝袋なのか?といった印象です。縫い目が(ほとんど)ないので、これまでの寝袋の概念を覆す見た目です。

表面はほとんど縫い目がなく、知らない人には何かわからなさそうです。

裏側はこれまでの寝袋と同じ様に縫い目があり、従来のダウンハガーと変わりはありません。スパイダーヤーンは、この縫い目に絡ませています。

左がダウンハガー ハーフレングス、右がシームレス ドライ ダウンハガーどちらも内側は同じです。

フードはやや伸縮性のあるドローコードで、顔周り全体を絞れるようになっています。

フード周りはシンプルな作りで、ドローコードで絞れるようになっています。

首の下には、隙間を埋め暖かさを保てるように、ダウンを詰めたチューブのようなものが配置されています。

写真だと分かりづらいですが、首周りはダウン量が増やしてあります。

防水透湿性素材の採用

表地には、GORE-TEX Infiniumを採用しています。Infiniumは同じGORE-TEXでも、ジャケットに使われるような防水性をメインの目的ではなく、できる限りドライに保つこと、すなわち透湿性・快適性を主眼としています。シュラフの場合、雨が直接当たるような環境で使うことは殆どなく、外気から隔離し、シュラフ内に溜まった湿気を出してくれればよいので、Infiniumの採用は当然の選択だったのでしょう。

表地は安心のGORE-TEX製。

表地のGORE-TEXの縫い目裏側には、しっかりとシームテープが貼られているのがわかります。

表地の縫合部分は、シームテープで防水性を強化されています。

ちなみに、シームテープの様子を内側から見るとこんな感じになっています。しっかり補強されているのがわかります。内側生地のさわり心地はさらさらで、ダウンがまとわりつきづらくなっています。

表地内側のシームテープの様子。

裏地はmont-bell独自の超軽量シェル、7Dバリスティックエアライトが使用されています。表地は商品名の通りシームレスですが、内側のバリスティックエアライト側は、スパイダーヤーンを固定するためとスーパースパイラルストレッチのために糸ゴムで縫われています。

裏地はスパイダーヤーンを留めるのと、伸縮性を持たせるため、糸ゴムで縫われています。

ジッパーは、GORE-TEXを使用していないシームレスダウンハガーとは異なり、80cmの短いものを使用し、軽量化に貢献しています。もちろん止水仕様のアクアテクトジッパーを採用し、防水性も高めています。

ジッパーは短く80cm。YKKの止水ファスナーを採用。

寝袋内部からジッパーを見てみると、ジッパーから冷気が入らないようにジッパーを覆うようにフラップが付いています。このフラップは、ペラペラではなく、しっかりダウンが封入されています。

ファスナー裏には、冷気の侵入を防ぐためのフラップ付き。

重量は、実測重量523gと非常に軽量に作られています。同じモンベルの#3のシュラフと比較すると、GORE-TEXを使用していないシームレスダウンハガー900#3では494g、通常のダウンハガー800#3では573gとなっています。

付属品は、通常のスタッフバッグ(24g)と、メッシュ生地のストリージバッグ(70g)です。このストリージバッグは、長期間使用しない際の収納用兼、家庭で洗濯する用の洗濯ネットとしても使用できます。スタッフバッグは、仕舞いやすいように入り口が大きい台形状になっています。

左が洗濯・保管用ストレージバッグ、右がスタッフバッグ。

家庭での洗濯も難なく行えるよう、洗濯方法のタグがついています。

バッグには家庭での洗濯方法が記載されています。

実際に使ってみたインプレッション

まず、中にはいってみると気密性がかなり高いのに驚きます。空気が逃げにくいので、すぐにパンパンに膨らみます。やはり表地に従来の縫い目がないため空気が逃げにくく、かなり気密性が高いことが伺えます。そのため体からの熱をしっかりと寝袋内のダウンに溜め込み、保温せてくれます。

そして隔壁がないことでのダウンの膨らみ方もかなりスゴいことになっています。これが900FP EXダウンの威力…。空気を抜いても、放おっておけばすぐに自然と膨らんできます。これまでの寝袋のダウンは、ここまで制限されていたのかと驚かされます。

平置きしておくと、モコモコと空気を蓄えて膨らみます。

そのおかげで、就寝時もそのフカフカ感を享受でき、とても快適に眠ることができます。隔壁を取り払えたことでここまで違うのかと驚かされます。

しかし、その気密性と膨張性の高さゆえ、小さくまとめるのが結構たいへんで、スタッフバッグに仕舞うのは一苦労です。

丸めようと思うとパンパンに膨らむので、仕舞うのに一苦労。

空気を抜いてしまえば、ダウン量も減少しているので収納サイズはコンパクトです。

収納サイズはとてもコンパクト。

防水性はさすがGORE-TEX、平置きして30分くらい水をかけ続けましたが、内部まで水がしみることはありませんでした。さすがに雨が降っている中で使う人はいないとは思いますが、GORE-TEXのカバーが標準でついているのと同じ状況なので、寒冷地でつかう時の結露だったり、ツェルトのような簡易設備で使う時の露の心配する必要がなくなったのは、シュラフカバー携行が不要になることによる軽量化・容積減少の観点からも、大いにアドバンテージになるでしょう。

さすがGORE-TEX、防水性に不安はありません。

シームレスでも引き継がれるmont-bellシュラフの良さ

表地がGORE-TEXになってもスーパースパイラルストレッチ健在で、しっかりあぐらをかくこともできました。このスーパースパイラルストレッチがあるからmont-bellのシュラフを選ぶという人もいるくらい良い設計なので、これが健在なのはかなりプラスでしょう。

いつもどおり、あぐらをかいても大丈夫。

mont-bellの温度設定には結構信頼をおいているので、保温性に関しても安心できます。現在GORE-TEXが表地に使用されているシームレス ドライ ダウンハガーは、#3と#5のみですが、より冬山での利用価値がありそうなことからも、秋口には#1、あるいはEXP仕様の寝袋も発売されることでしょう。 

まとめ

革新的な寝袋が出てきました。ほとんど完成されていると思いこんでいたものが、新しい技術によって大きく一歩進む様はまさにブレイクスルー。このシームレス ドライ ダウンハガーは、構造上確実に必要と思われていた隔壁を取っ払い、寝袋を全く新しいものにしてしまいました。

この技術によって表面の縫い目をなくしたことで、大きなメリットが生まれました。保温性の向上により総ダウン量を減らすことができ、軽量化・コンパクト化ができたこと。そして表地に防水透湿素材を使えるようになったこと。この2点だけでも、このメリットは非常に大きく、様々なアクティビティーのユーザーに当てはまるものでしょう。特により過酷で極限状態で挑む様な人々にとっては、これまでにない恩恵が受けられるはずです。そうそう!こんなものが欲しかった!!と、思い描いていたものが具現化した。という人も多かったのではないでしょうか。

ただしこのシームレス ドライ ダウンハガー、まだ(mont-bellにはめずらしく)コストパフォーマンスの観点から語られるべき製品ではありません。従来までのシュラフでも、細かな工夫を凝らした良作であることは確かで、十分に満足できる代物ではあります。その意味では、初心者がまずこのシュラフを購入して幸せになれるかというと疑問。それよりもこの新技術の魅力を理解して、このモデルでしか得られない強大なメリットに必要性を感じる人のみにおすすめできるアイテムと言える気がします。

この寝袋の出現により、他メーカーも開発意欲が高まり、寝袋だけでなく他のアウトドアギアにも新風が吹き込むことを期待しましょう!

山仲間にシェアしよう!

413 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!