Review:SALOMON SONIC RA 2 NOCTURNE 寒い冬のトレーニングに!安定感抜群、ケガなく走れる軽快ミッドカットランニングシューズ

極寒の冬。ちょっとピリッとした冷たい空気。日照時間は長くはないものの、遠くまで望める澄んだ光景は、冬ならではのご褒美。冬でも走る人なら、山だけでなく、ロードでも気持ちよく走り続けたいはず。今でこそ世界的アウトドアブランド SALOMONだが、その始まりはウィンタースポーツから。冬のスポーツへの情熱が、他ブランドよりも色濃く際立つのは必然だろう。そんなSALOMONのランニングシューズで定評のSONICシリーズから、この秋リリースされたSONIC RA 2 NOCTURNEをレビューしてみた。トレイルランだけではなく、ロードも走る人には是非とも一読いただきたい。

SONIC RA 2 NOCTURNE ファーストインプレッション

SONIC RAに備わっているランニング機能をベースとしたSONIC RA 2 NOCTURNE

まず注目したいのが、長めのカフと一体型の軽量ウールライナー。見ての通り、足入れしてみると、足首からつま先までを包み込み、冬の寒さから足下をしっかりガードしてくれる。なんとも心地よいホールド感だ。また、視界の悪い早朝や夕方、夜間でも視認性を向上する「360°アクティブリフレクター」を採用している。日照時間が短い冬ならではのきめ細やかな機能だと言えよう。

アッパーには足全体をカバーしてくれる ストレッチ性に富んだ「Engineered Mesh」と足の形状にフィットするロードランニング用 SensiFitアッパーを採用。ミッドソールにはSONIC RA 2 と同様に、優れたクッション性と耐久性を備えたミッドソールコンパウンド「EnergyCell+」 と衝撃振動吸収素材「Opal」を組み合わせた 「Vibeテクノロジー」を取り入れている。安定した足運びができるばかりか、ケガの抑制にもなりそうだ。

アウトソールには優れた耐久性とグリップ力を備えたコンパウンドの「Contagrip FA」を採用し、硬い路面からの耐摩耗性に優れた幅広ラグを完備。地面感覚が足裏に伝わりやすい超軽量ラバー加工「Blown rubber Contagrip」や、かかとからつま先への体重移動が自然な流れでできるように設計された「Geometric Decoupling」を取り入れるなど、まさしく、冬のランニングに最適な一足だ。

おすすめポイント

  • 足首まで守ってくれる防寒防風シームレスゲイター
  • 怪我や疲労の原因となる振動を吸収するVibeテクノロジー
  • ブレずに力を前に送り出してくれるソール全体的な安定感
  • 日照時間が短い冬に有効な360°アクティブリフレクター

気になったポイント

  • シームレスゲイターがやや柔らかすぎかも

主なスペックとOGZ独自評価

項目スペック・評価
重量269g (266g 27cm 片足実測)
スタックハイト28mm/20mm (8mm ドロップ)
ミッドソールEnergyCell+
アウトソールContagrip FA
快適性★★★★☆
通気性★★★☆☆
重量★★★★☆
反発性★★★★☆
クッション★★★★★
安定性★★★★★
総合評価★★★★☆

詳細レビュー

軽さとフィット感が心地よいウールライナーのアッパー

極寒の冬にでも対応できるランニングシューズだ。シームレスな一体型ゲイターで、ミッドカットゆえに、そこそこの重量と思っていたのに、とてつもなく軽い。公式重量は269g。実測重量は266g(27cm)。ごく普通のランニングシューズよりも軽いタイプと言えよう。スタックハイトはフォアフット20mm、ヒール28mmで、ドロップは8mm。クッション性、蹴り出しやすさは大いに期待できそうだ。

まず、ゲイターのカフを指で広げながら、足入れしてみる(履きづらい際は、ヒールフックをひっぱりながら履いてみるといい。)。つま先部分は広く、高さも程よくゆとりがあり、指先が適度に動かしやすい。ヒールカップの内側にはかかと部分を包み込む厚めのパッドが組み込まれ、アッパーはストレッチ性に富んだメッシュで、縫い目なしのスティッチフリー。一体型軽量ウールライナーを完備しており、足首周りからつま先までしっかりと温かさをキープしてくれる構造だ。もちろん、ロードランニング用のSensiFitはミッドソールからレーシングシステムまで足全体をソフトにホールド。

寒い冬のランニングだけでなく、トレーニングシューズとしても使えるSONIC RA 2 NOCTURNE。シューズ内への異物侵入を防ぎ、あらゆる気候条件からの保護してくれる構造のミッドカット。雨風が強い日でもしっかりガードしてくれる。かかと内面にあるパッドのフィット感も上々。アッパーは通気性に富んだメッシュ生地が主だが、トゥーキャップや足全体を包み込むSensiFitには、プロテクションのラバー素材があてられている。もちろん、保温性や防風性、小雨や雪などにも対応できる耐候性は優秀だ。ただ、一点。欲を言うと、もう少し、密着したフィット感がほしいところ。蹴り出し時や、着地時に若干の隙間ができてしまう……。

インソールにはクッション性、快適性、耐久性に優れた「OrthoLite」で、フットベッドの足裏感触も心地よい。

冬の視認性を向上してくる360°アクティブリフレクター

そして、視界の悪い早朝や夕方、夜間でも安全を確保する「360°アクティブリフレクター」を採用。ダズル柄の幾何学模様が暗闇の中でしっかりと存在感をアピール。視認性を向上するばだけでなく“あれ、なんだろう?”と、一瞬で気を引くインパクトがある。ネーミングの「ノクターン(NOCTURNE)」には暗い場所での光という意味合いの他に、日の出ている時間帯が短い冬のコールドコンディションの中でも、防風性能等によって快適にランニングができるというコンセプトも込められている。

シームレスな一体型ゲイターと「360°アクティブリフレクター」。日照時間が短く、寒い冬に有効なスペックだ。

かかと内側には、フィット感、保温性を高めるパッドが組み込まれている。

背面から見たリフレクター。後ろからの視認性も向上。

夜にスマホでフラッシュ撮影をしてみたら、ご覧のとおり!

かかと部分もキラッキラと光を反射。ナイトランもこれで安心だ。

着地の衝撃を吸収しつつ、前へ進む反発力へと無理なく移行する気持ちいい安定したライド感

ミッドソールはどうだろう。着地時の衝撃を緩和するクッション性と高い反発力に優れたミッドソールコンパウンド「EnergyCell+」を採用し、衝撃振動吸収素材「Opal」を組み合わせた「Vibeテクノロジー」を搭載。着地時などの振動を抑え、衝撃から足をガードし、ランニング時に発生する疲労やケガの原因となる微振動を吸収してくれるという。実際に走ってみると自然と前進力がプラスされたような感覚を覚える。一体型ゲイターのおかげもあって、より足が守られ、捻挫などの原因になるブレや捻りが軽減された印象だ。

特に石段などを駆け下りるときには、一歩一歩がポンポンっポンと着実に安定と共に、足運びができる感覚を覚えた。足首が不安定になりがちな下りが苦手な方には心強い機能だろう。また、SONIC RA 2 NOCTURNEでは、かかととつま先に「Vibeテクノロジー」が配備されてるので、着地の仕方を問わず、安定した走りができる構造になっている。

石段を降りる時。一歩一歩、ブレを感じさせない。

ミッドソールには優れた衝撃吸収力と反発力の「EnergyCell+」と衝撃振動吸収素材「Opal」を組み合わせた「Vibeテクノロジー」。

自然な足さばきを実現する頼れるアウトソール

アウトソールにも安定した走りを叶えてくれる機構が組み込まれている。着地したときの衝撃を分散するために足底を内方向に回転する、人体の自然な動きをプロネーションと言うのだが、ランニングに適した筋肉がついていないビギナーやランニングフォームが安定していない方などは、プロネーションがちゃんとできずに、ケガを引き起こす場合がある。そのプロネーションが適切にできるよう、足を矯正することなく、自然な動きを導き出す軸で設計されたアウトソール「Geometric Decoupling™」を、SONIC RA 2 NOCTURNEは採用している。

人は足で地面を蹴るとき、足が内側に回転し衝撃を緩衝しており、体重の約3倍もの重力を支えていると言われているので、ビギナーのみならず、長距離をケガなく走りたい方にもオススメ。

安定したプロネーションをサポートしてくれる「Geometric Decoupling」、超軽量ラバー加工が施されている「Blown rubber Contagrip®」、耐久性と密着性を両立させたコンパウンド「Contagrip® FA」と多機能に満ちたアウトソール。

アウトソールには、さらにクッション性と地面感覚を両立させた超軽量ラバー加工の「Blown rubber Contagrip®」を施した、耐久性と密着性を両立させたコンパウンド「Contagrip® FA」を使用している。実際に指で押すとやや柔らかい印象で、ラグパターンは浅く幅広め。硬い平らな舗装道路をしっかりをとらえてくれる。また、ドロップは8㎜。走ってみると、後ろから前への重心移動をサポートしてくれるのが、明確にわかる。ロードランニング用ではあるが、石が多めのちょっとしたトレイルランならイケる印象だ。

アウトソールはContagrip® FAでフラットな幅広ラグ。安定したグリップ力は頼りになる。

まとめ:こんな方におすすめ

寒い冬はどうしても身体が強張って、ケガをしやすい方もいるのではないだろうか。SONIC RA 2 NOCTURNEはシームレスな一体型ゲイターを備えているランニングシューズだ。単なる足元の保護だけではなく、防寒防風にももちろん有効。シューズのかかと部内面にあるパッドも、ソフトなあたりで保温性もいい感じだ。また、日照時間が短い冬だからこそ、視認性を高める「360°アクティブリフレクター」は安心できる機能だろう。

前述のとおり、SONIC RA 2 NOCTURNEは足のケガを予防したい方にも適している。ミッドソールコンパウンド「EnergyCell™+」と衝撃振動吸収素材「Opal」を組み合わせた「Vibe™ テクノロジー」や、プロネーションをサポートしてくれる「Geometric Decoupling™」。フラットな幅広ラグパターンで、硬い路面をしっかりととらえる「Contagrip® FA」などなど。

ランニングフォームや筋力がままならないビギナーランナーや、ケガをしたくない長距離ランナー(特に捻挫グセがある方!)、冬のロード練習を取り入れたいトレイルランナーなどには、SONIC RA 2 NOCTURNEとの相性はハイスコアに違いない。

山仲間にシェアしよう!

176 Shares

最新ギア情報をゲットしよう!