SALOMON OUTPULSE MID GORE-TEX レビュー:何にしてもこの見事な足なじみの良さよ。いつまでもどこまでも履いていたいと思わせてくれる軽量ハイキングブーツ

できる限り軽い荷物を背負い、より素早く、より長く、より遠くに進むことでハイキングの新しい魅力と出会う――。そんな新しいハイキングスタイル「ファストパッキング」の人気がここ数年で広く定着していった理由のひとつに、最先端テクノロジーを備えた高機能シューズの存在があったことは間違いありません。靴としての快適な履き心地はもちろん、クラシックな登山靴の持つ安定性とグリップ力、プロテクションの高さに加え、ランニングシューズの持つ軽快さと適度な反発力など、相反する機能を同時に兼ね備えたシューズは、優れた技術力なくしてはあり得ないからです。

こうした欲張りで繊細なチューニングが必要とされるファストパッキング向けハイキングシューズの最新モデルが、この分野をリードするブランドの一つであるサロモンから新登場しました。それが今回レビューするOUTPULSE(アウトパルス) MID GORE-TEXです。早速レビューしていきたいと思います。

SALOMON OUTPULSE MID GORE-TEXの主な特徴

メーカーからの情報によると、SALOMON OUTPULSE MID GORE-TEXは、ハイキングからランニングまで、アウトドアでの幅広いアクティビティをカバーするサロモンがこれまでのシューズ開発で培った幅広い技術をベースに、トレイルをより軽快に、エネルギッシュに攻めたいハイカーの要求に応えるためにデザインされた新しいコンセプトのハイキングシューズ。

ミッドソールには軽量ながらソフトでより弾力性の増したEVA素材からなる「Fuze Surge」コンパウンドと前足部に配置された軽量のTPUプレートをミックスした「Energy Blade Outdoor」を採用し、優れたクッション性と反発力を両立。さらに緩やかなカーブ形状を描いた「Reverse Camber」ソールによって、ミッドカットのハイキングシューズにとしては驚きのスムーズでダイナミックな足運びを実現しました。

足を優しく包み込むような快適な履き心地でおなじみの「SENSIFIT™」アッパー構造、多様な路面状態で確実なグリップを発揮する「All Terrain Contagrip®」、優れた耐久性とプロテクション・防水性など、長時間・長距離の山旅を安全でスピーディに移動するために求められる要素が細部まで整った、新しいスタイルのアドベンチャーを楽しみたい人のための一足です。

おすすめポイント

  • 軽くてフィット感の高いアッパーと適度に柔軟なソールによる全体的な履き心地の良さ
  • 足裏感度と反発力、クッション、グリップが高い次元でバランスの取れた歩きやすく走りやすいソール構造
  • 街中でも履きやすい落ち着いたデザイン

気になったポイント

  • 一般的なトレッキングシューズに比べると柔軟で繊細な分、堅牢性・耐久性と足裏のプロテクションは潤沢ではない
  • シューレースフックの上端が低めなので足首周りの可動性は高いが、その分捻挫などに対するサポートは控えめ

主なスペックと評価

項目OUTPULSE MID GORE-TEX
重量380g(27cm片足実測378g)
ドロップ10mm(トゥ 21.7mm / ヒール 31.7mm)
アッパー
  • 合成素材
  • レギュラーレース
  • SensiFit™
ミッドソール
  • Fuze Surge
  • Energy Blade Outdoor
  • Reverse Camber
アウトソールAll Terrain Contagrip®
防水透湿GORE-TEX
快適性★★★★★
感度★★★★★
反発性★★★★☆
重量★★★★☆
グリップ★★★★☆
クッション性★★★☆☆
プロテクション★★★☆☆
安定性★★★★☆

詳細レビュー ~残雪の残る5月の低山を歩いて(走って)みた~

登山靴とは思えない圧倒的な履き心地の良さはいうことなし

まず、真っ先に眼に飛び込んできたそのルックスの良さに目を奪われます。マットなナチュラルカラーに、ニットのようなアッパー生地の細かいテクスチャーが優しく上品な印象を与えています。最近特に多いアースカラー系のウェアにもマッチするデザインにテンションが上がります。

さっそく足を入れ軽く歩いてみると、このシューズの大きな魅力のひとつである並みはずれた履き心地の良さにすぐ気づかされます。や、柔こい。何この足なじみの良さ……。

シューズ幅はスリムでもワイドでもないスタンダード幅。サロモンのアウトドアシューズの代名詞といってもいい、極上のフィット感を実現する「SENSIFIT™」が搭載されたアッパーは、まるで自分の足型に合わせてくれたかのように足全体をピッタリと&優しく包み込み、にもかかわらず足指周りは自然なゆとりが確保され、前足部からかかとにかかけても圧迫感を感じるような窮屈感がまったくなし。

一般的に登山向けのシューズは多かれ少なかれ、摩擦や引き裂きに強い生地が使われたり芯材(シャンク)など硬いパーツが挟まれていたりするため、ある程度のゴツさはしょうがないものです。もちろんこのシューズの生地・素材もアウトドアでの使用に耐えうる耐久性を備えています。ただそれにもかかわらず、このブーツにはそういったゴツさが驚くほど感じられません。まるで軽量ランニングシューズを履いているかのよう。自分の歩きに対して靴全体が柔軟に追従し、靴によって歩行時の関節の動きが邪魔されることなく、自然な歩行感覚が得られます。

また380g(実測378g US9サイズ)という重量は決して最軽量の部類ではないとはいえ、多くのミッドカットハイキングブーツに比べてもかなり軽量の部類に入ります。参考までに、サロモンの他のハイキングブーツを見てみると、X ULTRA 4 MID GORE-TEX(425g)、X ULTRA 3 MID GORE-TEX(450g)、CROSS HIKE MID GORE-TEX(396g)、PREDICT HIKE MID GORE-TEX(376g)と、ほぼすべてこのブーツを上回る重さです。この軽さも、気持ちの良い履き心地と疲れにくさを構成する大きな要因の一つです。

素早い足運びを可能にする足裏の高感度と確かなクッション性能が両立

ファーストインプレッションで感じたポジティブな印象は、実際に荷物を背負って歩き始めると、さらに実感としてひしひしと足に響いていきます。例えば地面を踏みしめると、前足部の足裏では路面の微妙な凸凹までしっかりと感じとることができる足裏の感度の高さ。この足裏が路面と対話しやすいかどうかは、一歩一歩を瞬時に判断して素早く足を置いていくトレイルランニングやスピードハイクには重要なポイントで、この柔軟で繊細な足裏によって岩や木の根、泥などが混在した難しい急坂も、臆することなく駆け降りることができました。

もちろん足裏感度を上げるため単純にソールを薄くしてしまっては、衝撃がダイレクトに伝わってきてしまい、足にダメージを受けてしまいます。このブーツの優れた部分はそうした足裏の繊細な感度を保ちながら、しっかりとクッション性能を確保しているところ(ソール厚もかかと部31.7mm、前足部21.7mmと決して薄くない)。まるで低反発マットのように重力の衝撃をじんわりと吸収しながら、それでもしっかりと路面を捉えることができるそのフィーリングは何とも心地よい感覚です。

自然な推進力を与えてくれるハイブリッドなミッドソール構造

足裏感度の高さと衝撃に対するクッションの他にも、OUTPULSEには身体を常にスムーズに前へと進ませてくれる仕掛けが多数仕込まれており、それらがこのシューズのこれまで感じたことのない歩きやすさとなって結実しています。

その最大の特徴が新たに搭載されたミッドソールの構造です。OUTPULSEのミッドソールは、天然ゴムを30%配合することで従来のevaフォームに比べ反応性が20%向上した、ソフトで衝撃吸収性に優れたフォームコンパウンド「Fuze Surge」と、前足部に立体的に内蔵された「Energy Blade Outdoor」と呼ばれる軽量のTPUプレートの2種類の組み合わせで構成されています(下図)。

「Fuze Surge」では衝撃を効率よく吸収して疲労軽減と歩行の安定感をもたらし、一方「Energy Blade Outdoor」ではクッションの役割だけでなく(ハイキング向けにチューニングされた)適度な反発力を生み出す。この素材も性質も違う2種類の組み合わせることで、全体として路面を的確にとらえながらスムーズでスピーディなストライドを可能にし、なおかつダメージを最小限に抑えてくれる。しかも重量も抑えながら。なんだ最高かよ。

その他爪先とかかと方向に向かってソールが微妙にせり上がるようにカーブした形状になっている「Reverse Camber」構造(下写真)によって、かかとで着地してからつま先でけり出すまでの一連の動きがスムーズに行われ、あたかも足が自然と前へと出ていくようなスムーズな感覚を可能としています。

最近のトレイルランニングシューズをはじめスピード系のハイキングシューズなどでも取り入れられることが多くなったこのタイプの形状は、一度味わってしまった自分にとっては、他が物足りなくなってしまうくらいにしっくり定着してしまいました。

ところでこうした反発力の高いプレートを内蔵したシューズは、一方で脚力のないランナーが安易に導入するとその高い反発のせいで着地が不安定になり、思わぬケガも起こしやすいという欠点が同時に指摘されてもいました。

このシューズではそういった面に対してもしっかりと配慮が行き届いており、ソールの幅が足型を若干はみ出るように幅広な作りになっています(下写真)。これが直接的な原因かどうかは確認できませんが、少なくともスピードが出たからといって特に着地がおぼつかなくなるという心配は特に感じられませんでした。

グリップと縦への推進力を生み出すアウトソール

OUTPULSEが採用しているアウトソールのタイプは、同社で多くの軽量ハイキングシューズやトレイルランニングシューズでも採用されている「All Terrain Contagrip」。硬い地面もぬかるんだ泥も苦手なく対応してくれる文字通りオールラウンドなグリップを提供してくれます。実際今回のテスト中に経験した、アプローチの硬い林道から、乾いた土、木の根、岩場、残雪まで特に不安なく足を置くことができました。

ラグ(溝)のパターンを見てみると、登山靴としては比較的やや浅めで溝も狭め。前への推進力を意識した縦方向の筋がメインですが、一方でかかと周りは溝の間隔が広くなっており、登山靴にみられるようなブレーキを意識した横方向の突起が見られます。印象としてはランとハイクのハイブリッドデザイン(ややラン強め)といったところでしょうか。

試しに他のサロモンハイキングシューズを何種類か(写真はX ULTRA PRO GORE-TEX)同時に履いて歩いたりして確認したところ、マイルドな地形での歩きやすさは確かですが、ぬかるんだ泥の急斜面などでは他の本格的なハイキングブーツに比べて多少グリップは弱く感じられました。

アッパーと一体型のシュータンとGORE-TEXによる安心の防水性

ミッドカットであり、なおかつシュータンが切れ目なくアッパーと一体化したボディ(下写真)は、安心のGORE-TEX防水透湿メンブレンによって期待通り優れた防水性を発揮してくれます。ちなみに一体型シュータンは小石が入りにくいという意味でもありがたい。

ここに注意:堅牢性・耐久性、過度な重荷でのクッション性、足首周りのサポート

特に軽快さと走りやすさにフォーカスしてチューニングされているシューズが、耐久性やサポートの面でどうしても妥協せざるを得ない部分が出てきてしまうのはどうしようもないことなのかもしれません。それはOUTPULSEでも同じで、岩や木などへの衝撃を和らげるのに十分なプロテクションを提供してはいるものの、一般的な昔からのハイキングシューズと比べれば明らかに見劣りします。クッションを過信しすぎて10kgあたりを超えるような過度に重い荷物で歩くと柔軟な足裏にも限界がきて、長時間の歩行で痛みが出てきてしまうかもしれません。

また動きやすさを優先してか、特に足首周りの締まり具合は少し余裕をもたせてあり、シューレースの位置はミッドカットの中でも低めに位置しています。ここには捻挫しやすい自分にとってはローカットほどではないにしても若干の頼りなさを感じてしまいました。この辺は好みもあり、判断が分かれるところ。

もちろんすべてを兼ね備えた完璧な靴というものがあり得ない以上、この特徴自体が絶対悪という訳ではありません。こうした特徴を理解したうえで適切なシーン、用途で使うという使い分けの意識が大切です。

まとめ:軽装備でなら「いつまでもどこまでも履いていたい」と思わせてくれるハイキングブーツ

OUTPULSE MID GORE-TEXは、例えばサロモンハイキングシューズ(ブーツ)の代名詞である「X ULTRA」シリーズのような(どちらかというと)プロテクションと安定性に重きを置いたハイキングシューズと違い、トレイルランニングシューズのように軽快な足運びと推進力、衝撃軽減性能に重きを置いています。

それを象徴するのが、フィット感と柔軟性、繊細さを兼ね備えた履き心地に加え、衝撃吸収力と反発力・安定性をバランスよく整えたミッドソール、牽引力と滑りにくさを兼ね備えたアウトソールなど、軽快で気持ちの良いハイキングを可能にする機能の数々。これらが融合して、OUTPULSE MID GORE-TEXは軽装備で長く、早く、そして楽しく歩きたいハイカーにとって非常に有力な候補であることは間違いありません。

それだけでなく、これらの魅力はこれまでファストパッキングをしたことのない人に、テンポよく足を踏み出していくことの気持ちよさと、複雑な地形を一歩一歩スピーディに駆け降りていくこと、そしてその先にある、より広がった旅の可能性=”自由”という新たな価値を教えてくれるでしょう。もちろんこれまでの山歩きに履いてもらっても、このシューズの魅力は十分に伝わると思います。

これから始まる新しいシーズン、新しいアドベンチャーのお供にぜひ一度足を入れてみてください。

SALOMON OUTPULSE MID GORE-TEXの詳細と購入について

製品の詳細についてはOUTPULSE MID GORE-TEX (メンズ)OUTPULSE MID GORE-TEX(ウィメンズ)それぞれの公式通販サイトもあわせてご確認ください。

山仲間にシェアしよう!

最新ギア情報をゲットしよう!